松村 博峰 書道教室 書道研究 博古社
習字

魅了する「書」の世界

「博古」(はっこ)は、古(いにしえ)に 博く(広く)深く通じる意。
忠実な古典主義でもって、篆・隷・楷・行・草、歴代の
各書体から、現代表現としての漢字仮名交じり書まで。
各人の持ち味に合った表現スタイルを追求。
もちろん実用的な書や手紙書といった基本を重んじ、用美一体の
精神を大切にしております。
筆を持つことを人生の糧として、書の奥深さに触れてみませんか。

習字

書道教室のご案内

教室では常に、全くの初心者からベテランまで、様々な年齢と多様な人士が集います。お気軽に見学にお越し下さい。一人ひとりの
レベルに合わせて、丁寧にマンツーマンで指導致します。

作品ギャラリー

  • サンプル
    コクトの詩より
  • サンプル
    茶室「笠ヶ塚山荘」題額(京都)
  • サンプル
    木下利玄のうた
    〈 大地(おおつち)の陽炎(かげろう)粘し 春(?)の日のわが道(?)行きのほとほと倦(う)める 〉
  • サンプル
    長谷川秋子の句
    〈 洗ひ髪の糸引くや夏の水 〉